Online Shop

和田誠 鉛筆映画館 和田誠


和田誠 鉛筆映画館 和田誠

価格:

1,800円

SOLD OUT
ここに収めた鉛筆画は、完成品でなく下描きです。(中略)ダミーを見たら結構いけるので、発表してもいいかなという気になりました。たいてい下描きは残りません。(中略)本番用紙にいきなり下描きをして、その上にロットリングやグァッシュで描いてしまうためです。下描きが残るのはカラーインクを使う場合。インクは透明だから、下描きの上に塗ると鉛筆の線が透けて見えちゃう。(中略)ライトテーブルを使って別の紙に本番を描くことが多く、それで下描きが残ります。自分では用が済んだ下描きは捨てちゃいますが、(中略)アシスタントは捨てにくいらしく、とっておいてくれる。それがこんな形になりました。(後略)

(以上、本文冒頭より抜粋)

全88点、すべて鉛筆画の下描き、普段見ることのない作品集である。付録のポストカードと仕上がりと下描きを比べるのも楽しい。文章は、和田氏の映画に対する姿勢や考え方がわかり、読みごたえのある一冊となった。

和田 誠(わだまこと)
1936年生まれ。59年多摩美術大学卒業。イラストレーター、グラフィックデザイナー。「週刊文春」の表紙、本の装丁、ポスター、似顔絵などの仕事のほかに、絵本、エッセイ集など著書多数。69年、文春漫画賞(「週刊サンケイ」表紙絵ほか)。74年、講談社出版文化賞ブックデザイン部門(「PEOPLE」)。81年、同さしえ部門(「あゝ文士劇」)。82年、角川書店日本ノンフィクション賞(「ビギン・ザ・ビギン」)。93年、講談社エッセイ賞(「銀座界隈ドキドキの日々」)。94年、菊地寛賞。97年、毎日デザイン賞(「時間旅行」展)。